焼塩の作り方


現在の酸性に傾いた食べ物をどう処理すればよいでしょう?
焼いて強アルカリとなった塩を料理につかっていくことを提案します。



例えば、焼いた塩を水に混ぜて、その中に野菜や肉等を15分〜30分程つけておけば、
付着した農薬は中性に変化します。
また、素材が?生きたサイクルに変化するため、みずみずしくなります。お肉は臭みがとれます。
焼塩はフライパンで焼いたり、塩をお皿に盛り、
それにアルコール(無水エタノール)をかけ燃やして作ります。

では、焼いた塩がなぜよいのでしょうか?
塩を燃やすと、有機物が飛んで、強アルカリの状態になります。
つまり、強アルカリなので、自然界の0(中性)に戻る法則が働くのです。

(ユーチューブ解説より)

  • 創設者の書籍より
  • ーーーーーーー
  • マナウォーター設置解説
  • マナウォーターの選び方
  •          
  • テネモスノート プレゼント中
  • 一般財団法人テネモス国際環境研究会
  • テネモスのお店 紹介・交通アクセス

モバイルショップ

テネモスランド風景 テネモスホール

<営業時間・定休日>
当店営業時間 (月〜金) 10:00〜17:00
(土)  10:00〜16:00
定休日:日・祝日

<発送タイミングについて>
・発送は月水金を基本としております。
・発送曜日10時までのご入金済み及び代引き受付分を 当日発送いたします。


<お振込口座のお知らせ>
ゆうちょ銀行からの場合
振込口座 : ゆうちょ銀行
 記号 10340 番号 8521821 

他金融機関からの場合
ゆうちょ銀行
店名 〇三八(読み ゼロサンハチ) 
普通 
口座番号 0852182 
口座名義 株式会社テネモスネット